Menu
ミニマリスト / 暮らし / 片付け

ミニマルな暮らしの正しい始め方。最初のステップ。

何事も始まりが肝心。

所有物を手放してすっきり、シンプルな生活を望む方のために贈る、
ミニマリズムを実践する際の、最初の最初の本当に最初のステップをご紹介。

このステップを踏むか踏まないかで、継続性に違いがでる。
焦らず、まずは一つづつ始めよう。

この記事が役に立つ方:

・ミニマリズムに興味がある
・片付けをしてもすぐ物が溢れてしまうことは仕方ないと色々理由をつけて見て見ぬ振りな方
・来客があるたびにストレスが溜まるという方
・家族やパートナーに物が多いことを指摘された方

1、自己分析

まずはミニマリズムを生活に取り入れる上で、一番重要な点、自己分析から始めよう。
これがされていないと、一時的には物を減らせても、数カ月後には物が溢れる生活空間になってしまう。

それを繰り返すことで、「やっぱり自分はミニマリズムは合ってない」という諦めに走ってしまうが、「合っていない」のではなく「自分自身をしっかり理解していない」ままスタートしてしまったのが原因なだけだ。

まずは下記の3つの質問を自分自身に問いかけよう。

Q1. なぜミニマリズムを生活に取り入れたいのか?

-お金のため?
-所有物を減らしたいため?
-不要な物を買って後悔することをなくしたいため?

ここで出た答えにさらに「なぜ」をつけて掘り下げられるところまで掘り下げること。
例)所有物を減らしたい:なぜ?→物を探すのに時間がかかるから。誰かが家に来るときにいつも片付けのストレスと切迫感があるから。

Q2.ミニマルな生活を実現したら、どのような良いことがおこると思うか。

これをしっかりと想像できていれば、単純に物を減らすことだけが目的になってしまいがちなミニマリズムにおいて、自分に合ったミニマルで幸せな生活空間作りに立ち返ることができる。

モチベーションを保つのにも一役買う、大切なものだ。

物を探す時間や整理、掃除の時間が短縮されるため、読みたかった本を読んだり、見たかった映画などを見たり、時間の余裕が生まれる。
必要な物がどこにあるかすぐにわかる。
節約できて、その浮いたお金で旅行ができるようになる。

ミニマリズムはゴールではありません。
ミニマルな暮らしを実現した先に見えるもの、その先にチャレンジしたいことなどを大切にしよう。

Q.3 私の生活・人生において大切なものは何か?

家族との時間?
趣味で人とつながる事?
旅行に行って新しい世界を見ること?

ミニマリズムの技法やマインドセットから少し逸脱するが、この問いかけはとても大切なこと。

この「生活・人生において大切な事」を一度書き出して頭の中にあれば、
毎日の買い物の中でつい無駄買いをしてしまいそうになった時に、
これら小さい買い物をしてお金とスペース、時間を自ら奪うことが、
この大切なことに何もつながらないことがわかる。

もっと、あなたの人生において大切なことに集中しよう。

以上3つの質問で自己分析をする時、紙に必ず書き出すこと。
書き出すことで記憶に残り、また見えるところに張り出すことで、
日々自分自身を振り返ることができ、目的を失わずにミニマリズムに挑戦できる。

2.心の準備をする

物を手放す際、私も実際に経験したが、やるせない気持ちになったり、悲しい気持ちになったりすることがある。

これらの気持ちになる、ということを事前に認識して始めよう。

何か新しいことを始める時、違和感や心の痛み、やりづらさを感じるのは当たり前のこと。しかし所有物を手放すという健全な新しい取り組みは、一瞬感じるであろう違和感たちをすぐに取り払ってくれるので、心配はいらない。

3.急がないこと

一日で断捨離ができてミニマリストになれることはない。

あの有名な「The Minimalists」を運営するライアンも、ミニマルな暮らしを実現するために4週間かけた。
その紹介記事がこちら。

しかし彼は特別な例であることを、頭に入れてほしい。
数ヶ月かけて納得するミニマルな生活空間にできることもあれば、家族などがいれば一年以上かかるときももちろんあるだろう。

焦らず、じっくり、自分と所有物、生活空間と向き合って取り組むこと。

4.無駄買いをしてしまう原因を把握する

特定の言動をとってしまう「原因」というのは必ず存在する。

例えば、

  • ある買い物エリアに行くと買いたくなってしまう
  • イライラしている時は買い物が多くなってしまう
  • ある人と買い物に行くと無駄買いをしてしまう

など。
とにかく思いつく限りの原因を書き出すこと。
気づき」が何よりも大切で重要な一歩となる。

あとはただ単純に、その原因を避ければいいだけだ。

「とにかくまずは物を減らすことから!」とモチベーション高く早速断捨離に手を出すことよりも、このようなステップを踏むのは遠回りのように思う方もいるだろう。
しかしこの4つのステップをきちんと踏むことで、後の活動の継続性ややりずらさを感じることが少なくなる。

是非試して頂きたい。

Source :http://www.newminimalism.com”THE 11 DECLUTTERING QUESTIONS YOU SHOULD BE ASKING YOURSELF
https://www.everythingabode.com”BEGINNER’S GUIDE TO MINIMALISM

No Comments

    Leave a Reply